チューリップ畑

遺言執行とは

遺言執行とは、遺言の内容を実行することです。

遺言を執行する人を遺言執行者といいます。

遺言執行者は遺言書に書かれている内容を実現するために、相続財産の管理・名義変更等遺言に係る必要な事項を実行していきます。

遺言執行手続きを必要とする事項と必要でない事項

遺言書の内容には、遺言執行手続きが必要な事項と必要でない事項があります。

 

遺言執行が必要な事項及び必要でない事項は次のとおりです。

遺言執行手続きが必要な事項

 

  • 認知
  • 推定相続人の廃除または取消し
  • 祭祀承継者の指定
  • 遺贈
  • 一般財団法人の設立
  • 信託の指定
  • 生命保険金の受取人の指定・変更 など

 

遺言執行手続きが必要でない事項

  • 未成年後見人・未成年後見監督人の指定
  • 相続分の指定・指定の委託
  • 特別受益の持戻し免除
  • 遺産分割の方法の指定・指定の委託
  • 遺産分割の禁止
  • 相続人担保責任の指定
  • 遺留分減殺方法の指定
  • 遺言執行者の指定・指定の委託
  • 遺言の撤回 など

遺言執行者の資格

遺言執行者になるには特別な資格ありません。

相続人や第三者でもなることはできます。

しかし、未成年者及び破産者は遺言執行者になることはできません。

なお、遺言執行には行政書士等専門的知識を有する者を指定しておけば、スムーズに手続きが運ぶことが期待されます。

遺言執行者の指定

遺言執行者は遺言により指定します。

なお、遺言に指定のない場合は、家庭裁判所に申し立てを行い、遺言執行者を選任してもらいます。

遺言執行者を選任するメリット

手続きの円滑化

遺言執行者には遺言執行に関する手続きを単独で行う権限があります。
例えば、遺言執行者がいないと預貯金や登記の相続手続きにおいて、被相続人全員の関係書類の収集や署名押印手続など、煩雑な手続きに時間をとられたりします。
しかし、遺言執行者を選任しておけば、遺言執行者が相続人の代表として手続を進めることができますので、相続手続きが円滑に進みます。

遺言の内容に沿った相続の実現

遺言執行者は相続人の代理人として、相続財産の管理・名義変更等遺言に係る必要な事項を遺言を正確に実行していくことが求められていますので、遺言の内容に沿った相続の実現が期待できます。

遺言執行の流れ

遺言執行のおおまかな流れは次のとおりになります。

 

1. 就任通知書の作成・通知

  遺言執行者に就任した文書を作成し、相続人全員に通知します。


2. 遺言内容を実行するための書類等収集・作成

  一例として
  ・相続人全員の戸籍等の収集
  ・相続財産目録の作成 など
 
3. 各相続人の相続割合の指定・分配

  遺言内容に従い、各相続人の相続割合を指定し、相続財産を分配します。

 

4. 業務完了報告

    遺言執行が終了した旨の文書を作成し、相続人全員に通知します。

 

 

このように遺言執行者には複雑な手続き等に対応する必要があり、かなりの労力や時間を要します。

また、法的な判断も必要になる場合もありますので、相続手続きに詳しい行政書士や弁護士等相続手続きの専門家にお願いすることも勘案しましょう。

 

※遺言執行者就任サポートについて

メニュー

お問い合わせ

TEL : 092-871-0900

LINE@でご連絡

友だち追加

事務所からのお知らせ

Facebook